トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS サンバ

<<   作成日時 : 2011/01/21 07:23   >>

トラックバック 2 / コメント 6



ブラジル音楽はひとことで説明できない、とは言え、やはりサンバが基本にあるので、ちょっとサンバについて。
サンバってのもいろいろあって、上はモダン・サンバの父と言われるパウリーニョ・ダ・ヴィオラ。
若い人には刺激が無い音楽かもしれないけど、オッサンになってくるとこういうのがクるんだよな。

サンバでは電気楽器は通常エレキ・ベースくらいで各種打楽器、ウクレレみたいなカバキーニョという楽器、
ユニゾンで歌うコーラス隊、というのが一般的だ。

だけどサンバそのものも 「これがサンバだ」 と一言で言えるものでもなく
「これもサンバだな」 というふうに実に多様だから困る。

典型的なサンバを10曲くらい聴いてもらえば、派生型もわかると思うから切れ切れに少しずつ紹介したほうがいいかな・・
サンバばっかりだと飽きちゃうだろうし。

サンバってダンス・ミュージックと思われがちで、事実そうなんだけど、ブラジルには50年代のボサノヴァが登場するまでは
民衆音楽でサンバ・カンソンてのがあった。 まぁ甘ったるいような、悪く言えば退屈で陳腐な音楽で、よほどの歌い手でもない限り
あえて聴こうとは思わないジャンルだ。 これは必ずしもダンス・ミュージックではない。

だけどサンバ・カンソンの哀愁をおびた旋律は、現代のサンバにも生きている。
ジョビンなども斬新な和音を持ち込んで新しいブラジル音楽を発展させたとは言え、基本のメロディーは誰でも口ずさめるものが
多く、それだからこそジョビンの音楽は前衛的になりすぎず、一般にも受け入れられたのではないか。

高度に洗練された音楽理論と懐かしいような馴染みやすい旋律、それに多様なリズムが融合したのがブラジル音楽。
サンバとはひとつの気分を表す音楽のようでもあり、それは軽快だけど軽薄ではなく、深いけど重くはなく、人生の喜怒哀楽を
正直に発散させる開放的な気分だと思う。 大陸的な奥行きと地平線を感じさせるスケール感もいい。
小刻みなビートでも決してチマチマしないんだよな・・・

サンバが相変わらずブラジル音楽の基本である証拠に優秀な新人が次々にデビューしている。
下は数年前にデビューしたホベルタ・サー。60年代初頭に結成されたコーラスグループMPB4がバック。
こういう高度にハモるコーラスはサンバでは一般的ではないが、これもサンバだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏の夜空に(3)
すいません、夏バテというかちょっと音楽聴くのが億劫になってて更新遅れました。 カヴァキーニョ調べるのがちょっと面倒になったり、まあ天気と気温が悪いんです。暑すぎる。 ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2012/09/12 23:21
サンバのリズム
サンバが続いてますが、ヴァリエーションがありすぎて、「これがサンバだ」と一言で言えない点、読者の混乱を誘っているのでは? ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2013/05/29 01:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
そうなんですよ。サンバ好きの寄り集まりに行くと、毎回同じサンビスタの名前しか出てこない。ボサノヴァにはあまり興味がなさそう。トン・ゼーとかチンバラーダの名前は絶対出てこない。なんかフォルクローレとかタンゴの同好会みたいで視野が狭すぎ。
それと、仲間内でパーカッションを叩いたり、プロを呼んだりしているけど、ノリが南米人、アメリカ人と全然違って、ベタノリなんですよ。だから、そっちの方にも行かなくなった。
メルメン
2011/08/06 13:51
素人に無理ながらも、たまにはアイルト・モレイラみたいな曲とかマルコス・スザーノみたいなのをやってみるならいいですよ。
いつもいつも同じパターンのパゴージばかり。それもテンポも同じ。
ジャズだったらレンジが広いから飽きはしない。
どうも私には伝統芸能保存会は向いてないようです。
メルメン
2011/08/06 18:24
コメントありがとうございます。
ブラジルのノリを日本人がやるのは難しいですね。
でもブラジル人が集団で発するリズムの中に交じれば自然にあのリズムが出来るようになると思いました。

なにも日本でサンバをやらなくてもいいのでは?

アイルト・モレイラ、ドン・ウン・ホマォンなどのリズムは
なかなか出来るものではないですね。

好調
2011/08/06 19:14
どうも有り難うございます。
日本語は難しいもので、「なにも日本でサンバをやらなくてもいいのでは?」という文章は、「なにも日本人が(あるいは、日本みたいな風土で)サンバをやらなくてもいいのでは?」という意味と、「サンバをやるのなら、本場の人間に囲まれて演奏した方が良いのでは」という、どちらの意味もうなづけます。
パウリーニョ・ダ・コスタがガンザをシャッシャッと振ったり、アゴゴを叩くだけでもすごいですから。
習うより、本場の輪の中に入るのが一番かも知れません。
メルメン
2011/08/06 21:08
別に日本人がサンバを本場どおりに出来なくても、それは特にコンプレックスに思わなくてもいいのでは? と考えてます。
だって育った文化・風土が違うんですからね。

ただ、ナナ・ヴァスコンセロスとかを聴いて、「ああ、凄いリズムだなぁ」 とか 「スザーノはパンデイロひとつでここまで出来るのかぁ」 というふうに感動できればいいのだと思います。

おっしゃるとおり、本場で自然に輪に入れたら誰でもサンバは出来るでしょうね。 ヴァスコンセロスは無理そうですが 笑

好調
2011/08/06 21:42
さきほど、サンバのライブの途中で店を出てきました。
この間はサンバ半分ボサノヴァ半分だったが、今夜のはパゴージの曲ばかり。テンポもキーも同じ。
カニづくしとかエビづくしを食べさせられているみたいな感じ…。
曲も、知ってる人間は歌えるけど、知らない人間は全く歌えない。知ってる曲にしても、歌詞までは覚えようと思いませんよ。
それと、パゴージの輪に陣取っているのは内輪だけ。そうでない客は外野席。
私が店主だったら、ごく初心者でも大満足して帰れるように工夫しますけどねぇ…。
メルメン
2011/08/07 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンバ トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる