トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS Joyce

<<   作成日時 : 2011/05/12 17:49   >>

トラックバック 0 / コメント 3

ブリティッシュ・トラッドお疲れさまでした (笑)
でも案外良かったでしょ?

ちょっとブラジルで一服しましょう。 ブリ・トラの続編はまた後日に・・・

ジョイス (ポル語の発音ではジョイシ) 1948年、リオ生まれ。
68年、大学生でデビュー。新聞記者もしてたそうですから、まぁインテリですな。

実は僕は初期の頃のジョイスを聴いたことがなくて、今回ようつべでちょっと聴いてみました。
でも、やっぱり70年代後半からの、僕の知ってるジョイスほどはインパクトが無くて、今回はそのあたり以後の彼女を紹介します。

まず77年録音、これを聴いてジョイスにはまった人は多いのでは?
と言うか、僕同様、まずこの曲からジョイスにハマって下さい(笑)






このスピード感は出産後のこの時期以降ならではのものです。
もう一曲、これも有名な曲、80年です。 





一般に認識されてるブラジル音楽とはずいぶん違うでしょ?
80年当時にこういう斬新な感じって、受け入れるのにちょっととまどいがあったかもしれない。
だけど、リズム、和声、打楽器の使用法、全編スキャット、全てに革新的なこの音は
イギリスで人気を博したようです。英国が世界的ブラジル音楽流行の発端をになう前夜ですね。

前に紹介した英国ポップスがコスモポリタン(国際的)な音造りを取り入れてアメリカを引き離していった時期。
なるほどこういう音を受け入れ、自らの音楽に反映させれば斬新な英国ポップスが出来あがるワケですな・・・・

80年当時、アメリカではディスコやフュージョン音楽の全盛期、文化程度が違いすぎるよね (笑)
今思えばディスコやフュージョンって前衛的なとこは全く無かったよな・・・・

それで99年のこの曲の入ったアルバムは英国の Far Out レーベル発でした。 ジョイスは5ヶ国語が出来るそうです。
サンバによく使われるトロンボーンがイイですね・・・ ギターも上手い。このアルバム・ジャケットはそれをよく表してて秀逸です。(学校においてあるます)






次は96年、サンバです。 






この人は 「ボサ・ノヴァ第二世代」 とかよく言われてますが、オレ的には彼女のジャズ的な要素も好きです。
三人目の旦那さん、ドラマーのトゥッチ・モレーノとのアルバムから、2007年。





それにしても60代になっても声が茶色くならず、若い頃と全然変わらないってのは凄い・・・

最後は多分10年くらい前の映像、ギターも上手いでしょ? (しかし歳とったなぁ・・・・)





ありきたりの 「オサレ系ボサ」 とは一線を画してるよな。 長いキャリアの貫禄でしょう。 なにせ初期の頃は、あのヴィニシウスと活動してたんですから・・・
ヴィニシウスがらみの女性歌手は全員凄いんです。

最後の曲なんか特に顕著だけど、この人の音楽の涼しげな感覚ってちょっとミナス音楽っぽいと思います。
ミナス音楽はちゃんと紹介しようと思うんだけど、なかなか出来なくてすいません (滝汗)

________________

ブログランキングにクリック!

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
5枚目のジョイスは家のCD棚でみたことあってそういえばよくかかってます。うまいと思ったのはジョイスだからか、、最近オサレざっかてんで流れてて販売もしてますね。スウェーデンおされボッサとかいうのが流行ってるらしく だんだんこっちにくる人もいるみたいです。最後の曲いいですね。 でも、、前の英国トラッドは自分の古巣に帰ってきたきがしたんです、、笑  ちょとタイムスリップできる感じ。
こっちの方が現在進行形の音な気がします。
変態通行人
2011/05/13 00:02
ジョイス聴いていたら、私はガトーバルビエリのコレが聴きたくなりました。
http://www.youtube.com/watch?v=kmCYirclZR8&feature=related
すいません。。。下品な趣味ですね。
どうも洗練されていないものを求めてしまう傾向がありまして。
ブラジルのクールさとアルゼンチンの情念が合わさったらこうなるのでしょうかね。
ynizm
2011/05/31 19:30
久々カキコ産休!
バルビエリはアルヘンチーナですから、いわゆるラテン・ジャズ、つまりカリビアンな味付けになるのは面白いですな。
今ブラジル・ジャズをまとめてるところで、こういうのとはだいぶ異なります。

この曲はアリ・バホーゾの有名な曲「ブラジルの水彩画」。
いろんな人がやってて、確かディズニー映画でも使われたとか・・・

別に下品とは思いませんが、ロリンズとかマクリーンみたいではありますね。 自由に吹きまくるというか・・・

ノン・アメリカンなジャズメンの音って不思議とわかりますな。なにかアメリケンじゃないって言うところが・・・

  
好調
2011/05/31 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
Joyce トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる