トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS Toninho Horta

<<   作成日時 : 2011/06/04 00:49   >>

トラックバック 3 / コメント 1

ブラジル・ジャズのことを考えてたらトニーニョ・オルタのこと思い出しました。

まあ、ブラジルのジャズはみんなそうなんだけど、この人の音楽もジャズって言うには若干抵抗がありますな。

ただパット・メセニーに影響を与えた人、ってのはアメリカのあの手のジャズが好きな連中の間では割と有名らしい。
とりあえずジャズがらみってとこで紹介します。

ブラジルってエレキギターが強烈な人ってあまり居なくて、だいたいエレキ弾くギタリストはガット弦のクラシック・タイプのギター(ヴィオラォン)も弾くんだよな。 で、ヴィオラォンに関してはアメリカ人より上手いですね。 あんまり上手いんでエレキは真面目に弾かないの (笑)

トニーニョ・オルタは48年ミナス・ジェライス生まれ、オレはこの人ミナス音楽のひとつの典型だと思う。
だから、ずっと紹介したかったミナス音楽という観点からも聴いてください。

う〜ん、まぁトニーニョをジャズ・ギタリストとすれば、この曲はそうかな・・・
92年、アメリカでジャズの大御所とトリオを組んだ録音。




すいませんオレ、こういうの苦手かも・・・・・ なんか北欧ジャズとかECMのジャズみたいになっちゃうんだよな、アメリカ人とやると・・・
だけどミナスの音楽って意外にひんやりした温度感だったりするんで、まあ多分に偶然、北欧ジャズとブラジル・ジャズは相性がいいんだな。

・・・・と思ってよく考えたら北欧ジャズの一部を作ったのって、もしかしたらブラジルのエギベルト・ジスモンチあたりなんじゃないの?
確かメセニーも最初の頃はECM発だったよね? で、メセニーってのはトニーニョの劣化コピーですから・・・・



******


音楽の話をする時は否定的な言辞を極力避けることにしてます。
だけど、どうしてもこの人の音楽は許せない、あるいは認められない、と思うことがたまにあります。
それについて書くのは気が進まないんですが、メセニーについては今日は書きます。

誰がどう聴いてもメセニーよりはトニーニョのほうが音楽性は高いですな。
で、メセニーはトニーニョのエレキ・ギターの部分からの影響が大きい。 って言うか真似したの。

メセニーはトニーニョの浮遊感あふれる音を目指してるんだけど、確かにメセニーの音って浮ついてるんだよね。
メセニーは楽器の音に酔いながら音を出してるだけですね。
だから42弦ギターとかいうチンケな楽器を弾いたりするの。

この人の音はハートから出てませんな。 だから楽器の形状・スタイルなんかが重要になるんでしょう。

対してトニーニョの音は彼の声そのものです。いやハートから湧き出す音楽なんで楽器なんかエレキでも生でも同じなの。

88年、彼の音楽で最も感傷的な曲、 でもミナス特有の涼しさと透明感があるが故に、甘すぎないんです。




これ聴いちゃうとメセニーの出す音って、ただの一音も心に響かない事に気がつくんだよね (笑)

この人ボーカルも取るんですが、だいたいいつもはギター弾きながらウナってることが多い。
でもこの2004年の曲はちゃんと歌ってますね、ギターの歌い方も半端じゃないけど・・・  おいメセニー出てきて弾いてみろよ、って感じだよな・・・




最後はミナスの仲間たち、クルービ・ダ・エスキーナ(街角クラブ)と作った有名な曲です。
典型的なミナス音楽の浮遊感覚をどうぞ・・・・ (ユリ・ポポフのベースもイイよね・・・)




ああ、今日はメセニーと比較ってことで、ほとんどエレキを弾いてるトニーニョばかりになってしまいましたね。
そのうちアコースティックの部もやるます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラジルのアコーディオン奏者(1) Dominguinhos
前回アート・ヴァン・ダムのアコーディオン聴いてたらブラジルのアコーディオン奏者を聴きたくなって、いろいろ調べてました。 ブラジル音楽は昨年の10月以来ですが、真冬に聴くのもオツなもんです。 ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2013/01/20 00:21
Lo Borges
ブラジルが続いてますが、ミナス音楽についてはほとんど紹介してなかった事に気がついた・・・・・。 まずはミナスの重鎮であるミルトン・ナシメントについて語るのが筋でしょうが、まあガル・コスタやエリス・レジーナなどと同様、偉大過ぎる人はかえって紹介しづらいですな。 ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2013/06/18 00:19
秋の夜長に・・・
イタリアのラウンジ音楽に長居しているうちに、しばらく他のジャンルから遠ざかってしまい、かといってこれ以上紹介できるようなラウンジ音楽も見つからず時間だけが過ぎていく・・ ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2015/11/23 00:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっとクラゲになって聞いてました。浮遊感ていいですね。こんなの聞きながら海で素潜りしたいなんて思いました。確かにメセニーにそっくりなのあります。弦のつま弾く感じが激似で そのあとポロリーンとストリングスが入る構成も、、。そういやメセニーは金かけちゃった感じもします。
10年以上前からメセニー聞く場面ありましたが、、、、メセニー信者多いんで啓蒙がむずかしいなああ。

以前うちの飼い猫ちゃんからS龍一とメセニー同じ体臭がしますって報告がきてました。笑 ニャン
変態通行人
2011/06/05 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
Toninho Horta トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる