トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の夜に・・・・(6)

<<   作成日時 : 2011/08/14 01:05   >>

トラックバック 1 / コメント 1

なんか去年と同じくらい酷暑の夏になりつつあるよね・・・・
粛々と音楽を聴いて行かざるを得ない毎日です。


でも、またまたブラジル特集ですいません・・・・・汗


Samba-4 詳細不明のグループ。 ジョルジ・ベンみたいな音楽です。 ユニゾンのコーラスに各種パーカッション、サンバ・ロックとか言われるジャンルでオレ、けっこう好きなの。





前々回物議をかもした ソン・イマジナリオ のボス、ヴァギネル・チゾ が ガル・コスタ のバックを。
ミナス音楽の重鎮、ロー・ボルジスの名曲です。 ヤマハのエレピの音がちょっとアレですが・・・
ガルの声質からすると90年代の録音か?
(ロー・ボルジスもまだ紹介してなかったなぁ・・)





エラズモ・カルロス。
ジョーベン・グアルダ、歌謡曲の帝王、ホベルト・カルロスと組んで多くのヒットを飛ばしたエラズモ72年の曲。
普通エラズモの曲はもっとストレートでわかりやすいんですが、これは突然変異な一曲。

バックのギターカッティングも良いが、2:30 あたりから微妙にテンション・コードを使ったり、ブラジルの音楽造り職人たちのハイセンスぶりに脱帽・・・・・・ ( しかもこれ、72年だぜ 汗 )





ボサ・ノヴァの貴公子、エドゥ・ロボ、67年の名曲。
この時期、すでにボサ・ノヴァ・ブームは終焉、だけどこの人はこんな感じ。
モダン・ボサというものがあるとすれば、エドゥの音楽はその先駆けなのかもしれない。

67年、カエターノはガルと一緒にボサ・ノヴァと決別した。(過去記事参照
同じ年、エドゥはひそかにボサ・ノヴァを温存した・・・・・・

この人についてはいずれじっくり紹介します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Erasmo Carlos
最近ちょっと更新が遅いのは、調べてる時間が長いんスよね。 ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2011/10/10 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ボサ・ノヴァの貴公子..
メロディーとなんともいえない雰囲気でオセンチになりました。。。
変態通行人
2011/08/14 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の夜に・・・・(6) トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる