トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS Marisa Monte (1)

<<   作成日時 : 2011/10/03 00:23   >>

トラックバック 1 / コメント 1

マリーザ・モンチを語るとなるとタイヘンですな・・・・・

今までキッカケが無かったんだけど、最近彼女が作った 「ミステリー・オブ・サンバ」 という古いサンバを歌う老サンビスタ(サンバ歌手)を取材・紹介する映画のDVDを見たところ、ああ、この人やっぱりスゲェなぁ・・・・・・と。

映画 「ブエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ」 におけるライ・クーダーのように、自らも古いサンバを探求していく過程で、彼女の喜び、驚き、共感 が見てとれる素晴らしい作品でした。

感動したので今日は書ける気がする。


67年リオ生まれ。 オレと10歳違わないところにもある種の親近感がある。


少なくとも10年に一度の大歌手であり、ブラジルの女性歌手の中では、ガルやエリスに並ぶと思う。
しかもマリーザが凄いのは非常に優れた歌手であるうえ、作曲からプロデュースまでこなす、恐ろしいまでの才能の持ち主であることだ。


歌が上手い。イタリアでクラシックの声楽を学んだ以上のものがある。

88年のデビューアルバムから。 超絶美少女キタコレ・・・・ だけど声楽で言うところの 「喉が開いた」 完璧なボーカル。




次は伝統的なサンバの楽器スタイルにストリングスを加えたライブ。 モダン・サンバのパウリーニョ・ダ・ヴィオラの曲。
古いスタイルの音楽を歌っても、それが現代人にも切実に訴えるような普遍性を与えられ、全く「今このとき」の音楽のように聞こえてしまう不思議・・・・

最後に観客にお辞儀をしてる時間が長い。 グラディス・ナイトと同じように音楽と観客に誠実な人なんだと思う。






2000年の曲。 イギリス音楽が好きな人向けではないですか? つーか、イギリス音楽そっくりだよな・・・・?






マリーザ・モンチはいろんな顔を持っていて、その多面性のどこかに、ブラジル音楽好きなら誰でもピッタリくる一面が必ずあるはず。
だから今日は彼女の異なる三つの顔を紹介してみました。

ブラジル音楽、とりわけMPB好きなら避けては通れない人、
今後もじっくり紹介していく予定なのでお楽しみに・・・・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Daniela Mercury (2)
ダニエラの2001年のアルバム "Sou de Qualquer Lugar" はアシェー音楽から一歩引いた感のある名盤で、それまで以上に電子楽器で作りこんだ音造りが特徴。 このあたりからアシェーにとらわれることなく、音楽性の幅を広げたように思います。 ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2012/10/25 23:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
もっといろいろ聞きたくなる歌手です!
すごいうまいし雰囲気使い分けてる女優な部分も魅力です
あら 変態のわたくしと同じくらいのお年頃 美人が多いんですこの世代…笑
変態通行人
2011/10/06 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
Marisa Monte (1) トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる