アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブリティッシュ」のブログ記事

みんなの「ブリティッシュ」ブログ

タイトル 日 時
書評: "Reckless"   Chrissie Hynde
先日、英国出張の帰りの便がヒースロー空港で2:30も出発遅れ、しかたなく Duty Free Shop をぶらぶらしてて本屋に寄って見つけた本です。 もう一冊目についたのがクルマ・カルチャー番組 Top Gear のプレゼンターで英国流のシニカルなジョークがきわどい、ジェレミー・クラークソンの随筆集。 どっちにするか迷ったが結局こっちを買った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/06 22:20
年末に・・・
いよいよ今年も終わり、年末恒例のアトランダム選曲いきましょー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/30 23:27
Rumer
イギリス音楽と言へば今年最初の記事、レスリー・ダンカン以来である。 何故英国音楽を語らないのか自分でも不明だが、少なくとも昨今の北米音楽よりは好感を持ってるつもりなんですけどね・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/29 00:53
Lesley Duncan
謹賀新年 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/01/09 00:26
秋の夜長にイギリス音楽
ブラジルが続いたんで今回はブリティッシュを聴きながら秋の夜を。 英国音楽は夏向きではないというのがオレの偏見、シャキっと爽快な季節になってきたんでそろそろいいかな・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/09 00:31
British Pops
ブラジルが続いたんで久々に英国音楽を聴きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/06/28 01:01
Mick Hucknall
急に春っぽくなってきましたね。 政権交代で明らかに景気が回復してきた実感もあり、また冬が寒かったので、なんだか解放感がありますな。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/03/08 01:00
歌うギター
う〜む、前回コーネル・デュプリー聴いてたら何かがオサまらなくなっちゃって・・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/10 23:08
Eddi Reader (2)
エディー・リーダーの音楽はイギリス音楽の王道と言うか、イギリスのロック、フォーク、プログレ、ポップスの特徴を全て持っているとは言えないだろうか・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/05 20:56
Eddi Reader (1)
7月の末以来、ずっとイギリス音楽を紹介してなかったコトが判明。 やっぱり暑い夏にはあまり聞きたくならないジャンルなんでしょうかね・・・・・ 去年も7月中旬から10月中旬までサボってるのな、イギリス音楽。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/05 20:50
夏の夜空に(1)
夏本番ぽくなってきましたね・・・・・ 暑すぎない夏であることを祈りつつ、気楽に夏の夜向け音楽を、去年同様アトランダムに紹介します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/24 00:23
Kokomo
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/02 00:29
Nick Ingman
   一ヶ月に渡ってお送りした英国音楽探訪の旅、いかがでしたか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/19 23:44
Maggie Bell
当部室では頻繁に前言を撤回しますが、今回も 「ブライアン・イーノを語る」 発言を撤回します。 なにせ、かなりムズかしいヒトなんで (汗) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/19 00:27
Ian Carr & Nucleus
ブライアン・オーガーの続きを書こうと思って調べてましたが、70年代後半以降の曲が You Tube にあがってないですね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/11/11 00:33
Brian Auger (2)
ブライアン・オーガーは70年代に入ると、次第にビート音楽というよりはクロスオーバー音楽の色が強くなってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/11/07 00:00
Brian Auger (1)
イギリスには民謡をベースにした純粋英国音楽ありと言えども、やはり多数派は、アメリカ黒人音楽の影響を強く受けている人達だ。 ブルースはもとよりソウル、ジャズもそれぞれ英国には深く根をおろしていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2011/11/06 00:13
Robin Trower
イギリスのハード・ロックを聴こうぢゃないか。 ヘヴィー・メタルではないヤツを ・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/11/03 01:19
Anne Briggs
70年代半ばまでに活動が途切れた純粋英国音楽シリーズ、とりあえず今回で一度終わりにします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/28 23:36
Bridget St. John
純粋英国音楽の旅、今回も74年頃から長期間活動を止めてしまう女性シンガーです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/27 21:55
Mark Fry
前回のヴァシティ・バニヤンは潜伏期間が35年でしたが、今度は36年というイギリスの男性シンガーです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/25 00:57
Vashti Bunyan
60年代半ばから活動を開始、いくつかの曲をリリースした後、1970年にファースト・アルバムを発表。 その後音楽シーンから遠ざかり35年後にセカンド・アルバムを出す・・・・・ ギネス記録にもなりそうな英国の異色女性歌手を紹介しましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/24 00:21
Shelagh McDonald
英国音楽・・・・・ オレにとっては大好きなジャンルであるにもかかわらず、ここで紹介することが少なく、紹介するにしても日本ではマイナーなアーティストばかりになってしまうのは何故か・・・? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/22 22:08
Hatfield & The North
久々にイギリス音楽に戻ります。 たしか暑いからイギリスは無理とか言って、7月頃に中断して以来だよな。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 1

2011/10/20 21:03
夏の夜に・・・・(3)
暑いですな・・・・ 三連休ですが仕事なんでヘトヘトです・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/16 23:51
Amy Winehouse
イギリス音楽をもっと紹介しようと努力してるんですが・・・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2011/07/14 19:11
Kiki Dee
イギリス音楽は日本の夏にはどうも・・・・ なんて思いつつ、でもイギリスの音ももっと紹介しなくちゃなぁ、といろいろ考えてたら 思い出したのがこの人です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2011/07/07 18:13
今後の展望・・・・
え〜、すいません、梅雨時に英国音楽は無理って思いました (笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 9

2011/06/23 01:14
Magna Carta
戻りました。 旅行中ずっと前回のテーマ考えてました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/16 01:14
イギリスに帰って来ないと・・・
ブラジルに滞在し過ぎたから、イギリスに戻ることにします。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2011/06/10 22:19
ヨーロッパ音楽
フランスとかのヨーロッパの音楽ってあまり聴かない、聴けないのって多分リズムが黒人音楽の影響があまり無くて、単調というか、無リズムというか、 そういうのが個人的に駄目なんだよな、 って前エントリーのコメ欄で話してました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/06/10 00:24
Pentangle
え〜っと、ブリティッシュ・トラッド・ミュージックの世界へようこそ・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2011/05/10 01:16
Sandy Denny
ちょっとアメリカ音楽に長居したのでイギリスに戻ります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/09 00:59
Nick Drake
ちょっとアメリカが続いたんで英国に戻ります。 そもそも英国音楽、話の途中だったよね・・・・・汗 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/15 01:19
投稿: イギリスとアメリカの音楽
ここの読者で、昔一緒にトッドなどを聴いてた僕の中学時代の友人から、ものスゴく濃い内容の投稿です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/20 21:31
イギリス音楽を考える (2)
イギリスとアメリカの音楽における関係について考えてみます。 一番最初にアメリカで流れた音楽とは、すなわち旧世界から持ち込まれたものですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/17 17:27
イギリス音楽を考える
イギリス音楽のキーワードのひとつに演劇性がある、と前回書きました 今日はもうひとつのキーワードだとオレが思う、イギリスの宗教について。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/13 01:22
イギリス音楽 語ります
実はイギリス音楽、まだ語ってないですよね。 何回か試みに書こうとしてるんだけど、難しいです。 ブラジル音楽を一言で語れないのと同様、英国音楽も幅が広いんで。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/03/10 21:13

トップへ | みんなの「ブリティッシュ」ブログ

トリニティースクール音楽部 部室 ブリティッシュのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる