アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「アメリカンロック」のブログ記事

みんなの「アメリカンロック」ブログ

タイトル 日 時
Derek Trucks
今日は13ヶ月ぶりにアメリカン・ロックを紹介しましょう。 旧オールマンブラザース・バンドのドラマー、ブッチ・トラックスの甥にあたるギタリストです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/21 00:03
年末に・・・
いよいよ今年も終わり、年末恒例のアトランダム選曲いきましょー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/30 23:27
Malo
今日も70年代クロスオーバー音楽から、サンフランシスコ発のヒップで革新的なグループを聴きます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2014/12/19 00:17
Todd Rundgren (7)
アメリカ音楽がらみで久々にトッド・ラングレンを聴いてました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/29 23:25
アメリカ音楽サイコウ!!
アメリカ音楽クサしてすいません。 罪ほろぼしに今日は古き良きアメリカ音楽を聴いて感傷にフケる企画です〜! 解説最小限で「あの時代」を回顧するオッサン歓喜の選曲で・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/23 20:51
Nickel Creek
秋と言へばカントリー、そこで今日はちょっとユニークな三人組を。 ニュー・グラス(新しいブルー・グラスの意) とか プログレッシヴ・フォークとか言われてるジャンルです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/15 00:47
春到来♪ (その2)
     桜満開乙。 春の夜に聞く音楽特集第二弾です〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/24 01:01
春到来♪
いよいよ春っぽさが濃厚になってきたんで、久々に気軽なアトランダム選曲を。 桜の季節の音楽です ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2013/03/16 22:50
書評: 「レッキング・クルーのいい仕事」
新入生のH氏より借りた本。 60年代初頭から70年代はじめくらいまで、ロスの音楽シーンで裏方として多くの楽曲の録音に参加した、スタジオ・ミュージシャン達の知られざる物語。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2013/02/24 00:05
Full Moon
前回シー・レベルのエントリーが人気のようで、良質なフュージョン音楽もあるのだ、 という事実を歓迎してくれている人が多いのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/27 00:17
Sea Level
ドラマーをいろいろ聴いているうちにフュージョン音楽についてちょっと考えてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2012/02/26 16:48
Hot Tuna
ホット・ツナはアシッド・ロックの王道のようなバンドと言える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/16 22:39
Jorma Kaukonen
昔、自分がリアルタイムで聴いてた音楽ってのはいいもんですな。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/15 20:34
Indigo Girls
カントリー音楽にはアメリカ共和党的な精神が背景にあると思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/13 20:46
夏の夜に・・・・(5)
なんか毎日ムチャクチャ暑いでねーか・・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2011/08/11 10:08
Amos Garrett
え〜、ハイブリッド・ピッキング系ギタリストの続きです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/06 00:39
夏の夜に・・・・(4)
台風一過の涼しさで一息ついたけど、また明後日あたりから暑いようで。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/22 23:30
夏の夜に・・・・(3)
暑いですな・・・・ 三連休ですが仕事なんでヘトヘトです・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/16 23:51
夏の夜に・・・・
暑い・・・暑すぐる・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/30 13:23
J・J・Cale
昨日、J・J・ケイルの名前出ましたね・・・ 最近聴いてなかったんで、ちょっとようつべ漁ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/04/08 23:18
投稿: イギリスとアメリカの音楽
ここの読者で、昔一緒にトッドなどを聴いてた僕の中学時代の友人から、ものスゴく濃い内容の投稿です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/20 21:31
Todd Rundgren (6)
トッド97年のアルバム、"With a Twist" を入手。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/03/04 02:12
Todd Rundgren (5)
え〜っと、トッドに会う話、会ったあとにじわじわクる人でした、という話です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/20 23:46
Todd Rundgren (4)
82年のトッドのソロ・アルバム "The Ever Popular Tortured Artist Effect" から "Don't Hurt Yourself" トッドの音楽には何か励まされるような歌が多いが、これもそんな曲。 このアルバム・タイトル、「拷問にあってるアーティストのよくある効果」 というのはよくわかんないけど、 トッドがなにかのプレッシャーにかられて作ったものだと思ってる。 前年リリースの "Healing" からの1年間にトッドに何があったのか... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/18 13:47
Todd Rundgren (3)
音楽の聴き方ってのもいろいろあると思う。 そしてそれはその人の年齢とともに変わっていくのではないか・・・ 昔バンドをやってたし、12歳以降、音楽と切れたことが一度も無い俺だから音楽好きの友達もいる。 残念に思うのは若い頃聞いてた音楽世界から一歩も出ていない人、出て行きたくない人が少なからず居る、ということだ。 あるいはそこから出て他の世界に行った人でも、その出て行き方が中途半端で、軸足は相変わらず昔のほうに置いてたりする・・・・・ 俺の場合は20代後半でトッドに出会った訳だ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/14 14:17
Todd Rundgren (2)
トッドの音楽語るのには、サイケデリックとかサイケとかっていう言葉を説明しないといけないですね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2011/02/11 18:32
Todd Rundgren
ブラジル、書けば書くほど勉強不足を思い知らされて、ちょっと疲れたんで気分変えたいです (汗) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/11 02:24
1965 Byrds
アメリカの「ニューロック」の旗手、バーズのヒット曲。 実はこの曲、僕が初めて好きになったロックなんです。 小学校の6年くらいのときに聴いたような・・・ なんかすごく美しい曲だな、と思った記憶がある。 その後中学三年間はずっとクラシックばかり一日何時間も聴いていて、本格的にロックに目覚めるのは 全寮制の高校に行って友人の影響を受けてからなんですが・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/10 15:03

トップへ | みんなの「アメリカンロック」ブログ

トリニティースクール音楽部 部室 アメリカンロックのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる