American Honey



ikd さんの米にもあったけど、う~ん・・・カントリー、食わず嫌いのヒト多いんぢゃないの?
ポップスとして聴いてもイケる秀逸なのから聴いてみてはいかがでしょうか?

レディー・アンチベラムというグループの昨年の大ヒットです。
女性も男性もトラディショナルなカントリーの発声法、フィドルはアイリッシュな香りで、これも伝統的なカントリーの味付け・・・ だけど新しさを感じる音づくり・・・ やっぱりカントリーが生きた音楽としてバリバリに発展中なのがよくわかりますな。

しかしカントリーの女性歌手ってのはどれも歌が上手いですね。 想像するにカントリー・ミュージックってオトコ社会なのでは? だからその中で女子がやっていくには歌唱力が求められるような・・・・

この曲は昨年英国に行ったとき、ヒコーキの中のパーソナル・アミューズメントの音楽コーナーに入ってたんですよ。
東京・ロンドン往復の間に何回も聴きました。
ただしこの曲が入ってる彼らのアルバムは他の曲は全てダメ、この一曲だけが突出して良いので注意して下さい。

(この曲イイね、って感じたヒトはコメント入れろよな・・・)

この記事へのコメント

fjt
2011年01月11日 00:18
この曲聞いて、patty smithとdon henlyのデュエットを思い出しました。米ロック歌手もこんな曲をよく歌っていますね。
ところで、ずばりカントリーではありませんが、kdラングやcowboy junkies あたりはどうでしょう?
どちらもカナダ出身ですけど。

好調
2011年01月11日 01:11
コメントありがとごぜます~ 部室にいらさいませ~♪

kdラングもカウボイジャンキも知りません・・
ようつべの埋め込みコードと本文を僕あてにメールしてくれたら
記事アップします。

カナダって意外なバンドがいますよね・・・ ハートとか・・・
ikd (31.5期生:ノートン16H)
2011年01月11日 09:59
この曲好みです!かなり聴きやすいですね。
考えてみれば米ロックミュージシャンてあたりまえかも知れませんがカントリーの影響受けている人多いすよね。グレイトフルデッドとか。。。。

ボブディランのアルバム「ナッシュビル・スカイライン」(69年)なんてモロですもんね。

好調の言うとおりカントリーというカテゴリーにとらわれずロック
/ポップスとして聴きやすいものから聴いてみれば良いのかも?

好調
2011年01月11日 13:50
そうそう、そうなんスよ。
最初は軽い気持ちでイイんだよね。
この曲が好みだったらアイリッシュなんかもいいですよ。

この記事へのトラックバック