ポーランド音楽(34) 年末に向けて


ポーランドもしばらく紹介してなかったですが、冬向けにはぴったりのジャンルなんで貯めておいたのを一気に公開しましょう。

まずはグラジナ・ウオバチェスカ姐さん、若手のアルバムに参加して主役を食ってしまう図。
聴きどころは鳴りっぱなしのギター、ポーランドにはいいギタリストがいっぱい居るなぁ・・・
プロデュースはボグダン・コンドラッキ、流石である。






クーバ・バダフを2曲。 
演奏はポルジャンチのようでそうではない。





クーバは動画のいちばん最後、歌が終わってから出てくる。






スタニスワヴァ・ツェリンスカは47年生まれの人気映画俳優。 歌手は余技だが、これはなかなか聴かせるシャンソンだ。
年末にシミジミしたい人にはいいねぇ・・・






最後はジャズィーなポップスを。
ピアニスト、レシェック・モズデルと歌手のミエテク・シュテイシニャック。
極上の夕陽ミュージックで今年を反省・・・




音楽が素晴らしすぎるポーランド、1~2年のうちに訪問しようと思ってます・・・・

















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック