テーマ:フォーク

Nickel Creek

秋と言へばカントリー、そこで今日はちょっとユニークな三人組を。 ニュー・グラス(新しいブルー・グラスの意) とか プログレッシヴ・フォークとか言われてるジャンルです。 でもそんなジャンルわけなんぞクソ食らえと言うくらい、彼らの音楽はフレッシュでストレートで無駄なものがない。 ニッケル・クリーク  1993年初アルバム、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

追悼: Richie Havens

訃報が続きます。 4月22日、リッチー・ヘヴンス没。 いつか真面目に聴いてみようと思ってて、ずっとそれをサボってきた人が急に亡くなるとアセるんだよな・・・ リッチー・ヘヴンスはLPを一枚持っている。 何回聴いても大好きにはなれない音楽という印象だった。 気になるのは、アメリカでの高評価と人気が、日本ではほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近聴いてた音楽・・・

春が待ち遠しいですな。 昨日まで伊豆に保養に行っていて、向こうはもう桜が満開・・・・ つかの間暖かさを堪能してきて、東京に帰ってきたらまだ寒くて・・・・ どうも音楽について書くのも億劫になりますね、寒いと。 特に今年のように寒さが長引くと、億劫さもひとしおです。 そこで、 前回以前煮詰まっていた3週間の間に聴いていた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Karen Dalton

アメリカのフォークソングってそれほど詳しくはないんですが、60年代にニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジがそういう音楽の中心だったようです。 ボブ・ディランなんかもそこから出てきている。 英国のブリジット・セント・ジョンなんかが渡米して、そこに吸い込まれてしまった事はちょっと前に書いたとおり。 アメリカにはフォーク・リヴァイバル…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more