アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
トリニティースクール音楽部 部室
ブログ紹介

いろいろなジャンル、時代のポップスを You Tube で紹介

右下にジャンル別のリストがあるので、まずは気になったものから聴いたり読んだりしてください

コメント大歓迎♪

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
Ferrugem の新譜
2月にフェフジンのニューアルバムが出ていたので紹介。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 22:03
ペリクレスのニューアルバム
先週ペリクレスの新譜が出たようなので紹介します。 ペリクレス48歳、若干声量が落ちた感はありますが、細やかな表現力はあがっているように思うニューアルバム、あいかわらずの体重が少し心配です。 ヒゲをはやした近影から。 この曲はヒット狙いの通俗的なアレンジがちょっとアレですが、他の曲は全てじっくり聴かせる佳曲ばかりです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/27 00:38
イタリア音楽(23) 続 Papik
ずっとイタリア音楽を追ってきて、この頃はだいぶその全体像が明らかになってきた。とにかく彼らは楽器の演奏が上手い。 アメリカのセッション・ギタリストで、レッキング・クルーの一翼を担ったバーニー・ケッセルに "Kessel's Kit"  という1970年の名盤があります。 これがイタリア録音なのがずっと不可解でしたが、最近驚愕の事実が判明、どうもこの録音のバックを務めたのは、イタリア音楽の最初に紹介したマルク・クワトロらしいのだ。70年の時点でアメリカの黒人なみに完璧なリズム・セクショ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/17 00:28
イタリア音楽(22) Irma Records のアーティスト達
イタリア・ラウンジ音楽を発信するイルマ・レコーズのアーティストをまとめて紹介します。 前々回の記事でスケマ・レコーズとの違いをちょっと述べましたが、 やはりイルマの音はスケマよりオーソドックスでクラシックであると言えると思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/02 23:50
年末に・・・
年末恒例、「紅白をぶっ飛ばせ」企画です〜♪ まったく脈絡なく最近聴いてた音楽をランダムに紹介、年越しのBGMにどーぞ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/01 00:13
イタリア音楽(21) Papik
ご無沙汰してます〜、5ヶ月ぶりの更新です。 年末に向け1年を振り返り、またひとつ馬齢を重ねたナ、と感傷にひたる時期がやってきました。 本日はそんな年末・正月休み、ふと遠くを眺めるシーンにぴったりなイタリアのラウンジ音楽を・・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/24 00:32
ベースを買いました
6月25日、30数年ぶりに楽器を買いました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/18 23:41
ブラジル 1983年
当ブログがとりわけブラジル音楽を紹介することが多いのはお気づきと思うが、ブラジル音楽を聞き出して四半世紀、まあ普通よりはこのジャンルには詳しいのは当然であろう。 しかしここでどれだけブラジル音楽をたくさん紹介したところで、実際ブラジルでそういう音楽がどれほど聴かれているのか? ブラジル全体の音楽シーンの中ではどんな位置づけなのかはわからない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/10 00:51
Os Ipanemas
ゴールデンウィークから入梅までの一ヶ月は天候が安定し、昼は暑くても朝夕は涼しく、一年でいちばんいい季節ですな。 そこでさわやかでカラっとした夏未満なブラジル音楽を。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/19 23:48
追悼: 冨田勲
享年84歳、訃報に接しそんな御歳だったとは存じ上げず、ぼんやりと70年代のNHK、「新日本紀行」のテーマ音楽を思いだす。 私の年代にとっては非常に懐かしい曲である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/08 21:30
Sabrina Malheiros
イタリアのラウンジ音楽にブラジル成分が多く含まれるのは明白ですが、では当のブラジルのラウンジ音楽はどんな感じかというと、こんな感じです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/15 00:11
イタリア音楽(20) ニコラ・コンテ の新譜
2月にイタリアン・ラウンジ音楽の第一人者、ニコラ・コンテの新譜が出てたのでさっそく紹介します。 コンテについては過去記事を参照。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/10 23:32
Leon Thomas
アル・ジャロウの独特で風変わりな歌唱を聴いていて、彼よりも先輩だが、やはり奇妙なボーカルを聞かせた人を思いだしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/04 00:21
Al Jarreau
亡くなってもうすぐ3年、ジョージ・デュークへのトリビュート・アルバムをアル・ジャロウが出していることを知って、30年ぶりにアル・ジャロウを聴いていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/02 23:47
春はイタリア音楽で
ちょっとサボってたらもう春っぽくなってきましたな・・・ そこでムージカ・ディ・プリマヴェーラ、イタリア音楽でもどうすかね? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/19 00:39
ジャヴァンの新譜
昨年末にジャヴァンのニューアルバムが出たと聞いて、そういえばしばらくジャヴァンを聴いてなかったな、と思い調べてみると・・・ 5年前の2011年にここで紹介した2010年のアルバム以来、2012年にもアルバムを出しておる。 で、今回のニューアルバムです。 (その前後にライブアルバムも出してる) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/28 23:09
書評: "Reckless"   Chrissie Hynde
先日、英国出張の帰りの便がヒースロー空港で2:30も出発遅れ、しかたなく Duty Free Shop をぶらぶらしてて本屋に寄って見つけた本です。 もう一冊目についたのがクルマ・カルチャー番組 Top Gear のプレゼンターで英国流のシニカルなジョークがきわどい、ジェレミー・クラークソンの随筆集。 どっちにするか迷ったが結局こっちを買った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/06 22:20
Derek Trucks
今日は13ヶ月ぶりにアメリカン・ロックを紹介しましょう。 旧オールマンブラザース・バンドのドラマー、ブッチ・トラックスの甥にあたるギタリストです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/21 00:03
新年はブラジル音楽で
謹賀新年、本年もよろしくどーぞ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/01 23:39
年末に・・・
いよいよ今年も終わり、年末恒例のアトランダム選曲いきましょー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/12/30 23:27

続きを見る

トップへ

月別リンク

トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる