トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の夜に・・・・(2)

<<   作成日時 : 2011/07/01 22:31   >>

トラックバック 1 / コメント 1

暑いスね・・・・・  

んぢゃあ前回の続き、納涼音楽大会です。 このまま秋まで暑かったら、途中でネタ切れですね・・・・・(笑)


ジャヴァンの北米録音。 曲名は 「赤道直下」 ・・・・・ 





なんか水平線に椰子の木の砂浜のイメージだよね。 録音は北米でも実はミュージシャンは全てブラジル勢。 んでカエターノとの共作・・・・
それだけ充分なブラジル成分であっても、どこか北米の香りがする。 その差異が涼しさを生み出している。



次はマイルスのミュートしたトランペットで涼んでください。 コルトレーンとビル・エヴァンスが共演。




マイルスって眼がヤバいんだよな。 あの眼と正面から目線が合う写真とか、アルバム・ジャケットが怖い。
このアルバムは眼が見えてないから安心して聴ける・・・・ ああ、でも眼があったらゾクっとして納涼にはいいか・・・・


次、ベタなウエスト・コースト音楽ですいません・・・





ダラダラと6分も続くのがアメリカンぽいよね・・・ この曲が涼しいのは歌の3番、4分30秒あたりから入ってくるマンドリンだと思います。 でもフラット・ワウンドのベースがちょっと暑苦しい (笑)


そうか、マンドリン・・・・ この曲もイイんだよな

キャシー・マテア



マンドリンは二弦ずつ4つに分かれた8弦をピックで弾く楽器。 金属弦なんだけど意外に音の減衰が早くて、ロングトーンが出せない。
そこで、しかたなく高速トレモロ・ピッキングで擬似的に音を伸ばす、そこにシヴィれる、アコがれる楽器。 生ピアノでいうとハービーハンコックの右手と同じ。
マンドリンは江戸風鈴みたいだと思う。

あっ、なんかカントリーな空気になってきましたね・・・汗

ぢゃ、最後もカントリーで・・・

ドリー・パートン、リンダ・ロンシュタット & エミルー・ハリス




すげ〜芸人音楽、窓を開け放した夜の酒場・・・・ 
あんまり涼しくもないけど、スキャットとヴァイブの音が夏向きですよね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Kathy Mattea
ここんとこず〜っとブラジルばかりでブログ訪問者数も順調に落ちてます (苦笑) ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2011/10/12 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャヴァンの「赤道直下」変態でもうっとりします
だいたい甘い口説いてる系のはNGだったのですがこれは引っかかっちゃう感じです。単純にいい音楽、いい声だからかなー。。
変態通行人
2011/07/02 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の夜に・・・・(2) トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる