トリニティースクール音楽部 部室

アクセスカウンタ

zoom RSS Marines

<<   作成日時 : 2013/04/29 17:32   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ブラジル北東部の音楽を少し紹介したのはだいぶ前ですが、気温が上昇する季節になると聴きたくなるので久々に見ていきます。

ノルデスチ(北東部)音楽はブラジルでは常に傍流というか伏流のようで、それが国民的大ヒットになることは極めて稀です。
その意味では、ブラジル第二の国歌とまで言われる「アーサ・ブランカ」を歌ったルイス・ゴンザーガを超えるノルデスチの音楽家は出ていない
と言えるのかもしれない。 

どうもこの歳になって甘味料や調味料が含まれない純な民衆音楽に惹かれるようになると、北東部音楽などへの関心は高まるいっぽう。
そこで今日は 「女ゴンザーガ」 と言われた人を見ていきましょう。


マリネース  1935年、ペルナンブーコ州の片田舎に生まれる。2007年に没するまでに30数枚のアルバムを録音。


ペルナンブーコはブラジル国土が大西洋に向かって東に突き出したエリア。ヨーロッパからの距離も近くブラジルで最初に開拓された地域であった。
ただしサトウキビくらいしか採れるものがなく、近代以降も度重なる旱魃に襲われ、貧困な地域となっている。
かつては地主どうしや、地主対小作農との抗争が絶えず、干からびた風景同様、文化的にも後進地域とされる。

ところが音楽的には独自な発展を遂げたようで、そんな中からゴンザーガが現れたことを考えれば、人間の音楽性は必ずしも肥沃な大地のみで磨かれるとは限らないのであろう。

マリネースはゴンザーガに見出され、1956年ゴンザーガと録音したものがレコード・デビューとなった。
まあ60年代いっぱいくらいまでの彼女の音楽は、スタイルが古すぎて今聴くとちょっとアレなんで70年代以降から聴いていきます。

おそらく70年代の曲を二曲。アコーディオンが北東部特有のリズムを刻む。









伝統音楽というか民謡歌手みたいな感じですが、こういう音楽では歌手はむやみに個性を出そうとしてはいけない。
唱法、発声法とも伝統的なスタイルを踏襲しながら歌うわけだが、そうした規則を守ってなお、おのずとにじみ出てくるのが本当の個性となる。

マリネースの個性は真摯でひたむきなところにあるように思いますが、どうでしょうか?

芸能という不安定な職業を選んで、貧しい田舎をあとにする時点で必死さが違うよな。 
都市部有閑階級の自由音楽とは決定的に異なるところ。
旅芸人感を強烈に漂わせる師匠ゴンザーガ同様、例の妙な帽子をはじめ衣装も独特なものだった。
あれはカトリックの司祭のかぶりものと、北東部のカウボーイ達がかぶった帽子の混交ではないかと思われる。

伝統民謡に演劇的要素があるとすれば、そのスタイルは多くの場合「義賊」として民衆にもてはやされたカンガセイロ(盗賊)のものだったのかもしれない。


次は76年。北東部のサウダーヂ感に漂う望郷の念・・・・






ところでブラジルにおいてボサ・ノヴァ以降MPBが台頭し、本格的に自由音楽が幅を利かせはじめ、その連中がノルデスチ音楽を見直し、競ってこれをアレンジして自らのレパートリーに加える70年代までには、そのステージ衣装は大時代なものとして衰退していくように思う。

そうして北東部の音楽じたいも変質していったかと言えばそうではなく、バック演奏のアレンジが洗練されていったに過ぎないように見える。

以下、16歳年下の北東部の女王、エルバ・ハマーリョとのデュエット。
99年の録音、最初がマリネース、次はエルバ、と交互に進むうかけ合いだが、その歌唱は64歳とは思えないほど力強い。

こうして聴いてみるとエルバが 「元祖・ノルデスチの女王」 マリネース先輩から多大な影響をうけていたことがわかる。
そしてエルバが必ずしも先輩を超えていないことも・・・・






現在、北東部音楽は甘味料が利き過ぎた歌謡曲、セルタネージャ音楽として人気がある。
それでも本格的なノルデスチ音楽がなくならずに継承されているのは、亡くなる前年、2006年まで現役でアルバムを出し続けたマリネースの功績が大きいと思います。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Bicho de Pe
前回ブラジルでは相変わらずサンバの人気があって若手が次々にデビューしてるありさまを見たわけですが、ノルデスチ音楽も負けてませんね。 フォホーとかセルタネージャなどの北東部音楽も、現在は昔ながらの民謡みたいなスタイルから、歌謡曲的に甘味料を加えたものまで、いろんなタイプがあってやはり若手がどんどん出てきてます。 ...続きを見る
トリニティースクール音楽部 部室
2014/08/11 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Marines トリニティースクール音楽部 部室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる