Amy Winehouse

イギリス音楽をもっと紹介しようと努力してるんですが・・・・・

グラミー賞を5部門受賞した エイミィ・ワインハウス が英国人とは知りませんでした。
ちょうど良いので紹介しますが、83年生まれというと、今までの中ではいちばん若い人でしょうか。

とにかくまず、これ聴いて。





いちおうソウル歌手と言われてますが、ジャズやヒップ・ホップもこなす一種の天才です。
現代の音楽ですから特にイギリスっぽいとかのアイデンティティーは希薄ですが、それは彼女がユダヤ人であるからかもしれない。

これはジャズでしょうね。 ちょっと ダイナ・ワシントン とかに似てる。





だけどやっぱりこういうソウルっぽい曲が聞かせます。





破滅型というか、酒やドラッグ、暴力沙汰で逮捕されることたびたびな人です。
グラミーの授賞式もアメリカのヴィザが降りずに出席できなかったらしい。

オフィシャル・ホームページを見たら、現在全てのライブ活動を休止中とか・・・・・

コカインによって痩せ細った外観は痛々しくもありますが、英国の低俗メディアからは格好のバッシング対象になっている模様。

もしかしたらこのまま廃人になって終了するか、最悪オーバードースで死んでしまうか・・・・
これほどソウルフル & パワフルな エイミィ・ワインハウス の再起を願ってやみません。

こんな唄を20歳そこそこで歌えるんですからね・・・・







この記事へのコメント

好調
2011年07月14日 22:14
病苦は歌唱力がもう一歩だと思うんですよね・・・・

ただ、この人の魅力は歌唱力というよりはトータルなアート性にあると思うんで、そんなこと言っちゃ野暮ですね。

病苦で記事一本書いてくれませんか?
よろしくどうぞ
好調
2011年07月14日 22:24
病苦はクラムボンの原田郁子に似てるよね・・・
アイスランド人てモンゴロイドなんだろうか・・・?
ikd
2011年07月24日 09:42
本当に残念でした。。。ご冥福をお祈り致します
好調
2011年07月24日 10:09
ああ、昨日亡くなったようですね・・・
誠に残念です

なんか死に方が70年代ぽいですね

この記事へのトラックバック