神崎ゆう子

うたのおねえさん、と言えばここの読者はあまり詳しくないと思う。
しかしこのジャンル、並大抵の歌手では務まらない実力派がひしめく世界なのだ。
おおむねクラシックなどの正統的な歌唱を勉強してきた人達ばかりである。

なかでもオレがいちばん注目しているのがこの人です。


神崎ゆう子  1966年新宿区生まれ。武蔵野音大声楽科卒。 NHK「おかあさんといっしょ」の第16代目のうたのおねえさん。


例えば20代目のおねえさん、三谷たくみと比較してみる。
最初が三谷、二番目が神埼。 三谷も相当上手いのだが、神崎が歌いだすと実力の差が残酷なほどアラワになる。

日本のガル・コスタか・・・・・




うたのおにいさん・坂田おさむとのデュエット。 むろん坂田は刺身のツマに過ぎない。 この曲は作詞も神崎。
歌っているときの表情がいいよな。




次は子供達も参加。 フォークシンガー出身の坂田もそうだが、どうも うたのおにいさん 達は女性陣に比べ、正統的な声楽を経由していないように思う。
神崎のパワフルさが爆発。 どれだけ楽しそうに歌えるか、というのも「おねえさん」に問われる資質である。




文部省唱歌キター! 神埼はオペラも歌えるほどの実力派だが、あえて大仰なオペラ的な歌唱法から一歩引いてポップスを歌うところがいい。





これだけ上手いと子供向けではない大人の唄も歌って欲しいと思うが、何故かそういう歌だとイマイチ面白みに欠けるようだ。
子供向きが好きなんだろうな・・・・

この人がNHKでうたのおねえさんを務めたのは87年から93年の結婚までの6年間。 異例に長い登板だったようだ。
この時期、この番組で神崎ゆう子の歌声を聴いて育った子供達は幸福だと思う。

ところでタレントの はいだしょうこ も国立音大付属高校からタカラヅカ経由で19代のおねえさんに抜擢されるという経歴。
それでも神埼の歌唱には及ばない、と思うのだが・・・・・


なんでこんなの知ってるか、って?
90年生まれの娘と一緒にテレビ見てて、背筋に走るものがあったんだよね・・・・・NHKに受信料払ってもいいと思ったでござる ww ← 20年前




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック