春の新着サンバ

ちょっとサンバから目を離してる隙に、春のサンバ新譜が目白押しの模様・・・
南半球のブラジルではこれから秋なんだけどな。
どんどん紹介して行きましょー。

まずは以前紹介した大型新人のフェフジンのニューアルバムから、アルバム・タイトル曲のPVをどーぞ。





もう一曲同じアルバムから、
低音で始まり、高音シャウトに至る。 歌が上手い。





ブラジルにはサンバ・グループは星の数ほどあって、どれも多くの場合、似たような感じの甘味料利きすぎなラブ・ソングばかりで正直ウンザリする。
ところがフェフジンはそういう歌はあまり歌わない。 そのあたりが一頭地を抜いて人気がある理由だろうか?


ムムジーニョも新譜を発表、あいかわらず聴かせるボーカルだ。 この人もクサいラブ・ソングはあまり歌わない印象。






いよいよ老境に入ってきたヴェテラン・グループ、フンドゥ・ヂ・キンタウもニュー・アルバム。
いやー味わい深い・・・ これから秋に入る当地ではぴったりな感じなんでしょうな。






キャリア25年近い中堅、グルーポ・ヘヴェラサゥン、十年一日のようなサンバだが、リードボーカルの声が年々渋くなってきてる。





おそらく秋は新譜のシーズンなんでしょう。 他にもたくさんあるようです。
順次聴いていくんで続編やるかも、です。











この記事へのコメント

Marcos
2015年04月29日 05:16
ヘヴェラサォンのヴォーカルは結成時からのXandeに代わって現在、Almirzinhoという人がリード・ヴォーカルを取ってるので、過去の作品とは別人ですよ。
管理人
2015年04月29日 09:48
ご指摘ありがとうございます
サンバを聞いてる人は少ないので書き込み頂くと励みになります

この記事へのトラックバック